毛布を羽毛布団の上に掛けてはいけない!羽毛布団の新常識

new rules
羽毛布団は間に毛布などを挟まず、直接体に触れていないと本来の暖かさを発揮できない。
これは、羽毛布団の常識ですよね。

暖かい状態をつくるには、羽毛布団を直接体に触れさせることがとっても大事なのです。
でも、それだけでは少しもの物足りないなって感じるようであれば、毛布を羽毛布団の上からかけてあげる。
これもよく聞くお話かもしれません。

でも、実を言うと毛布を上から掛けることはあまりおすすめではないんです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

羽毛布団を掛けることをおすすめしない理由

それは、毛布の重さで中綿のダウンがしっかり開ききることが出来ず、本来の保温機能の妨げとなってしまう可能性があるから。

冬用の上質な羽毛布団であれば、それ一枚で十分暖かく寝ることが出来ます。どうしてもそれだでは物足りないと言う方には、羽毛布団の保温を効果的に上げる方法として布団カバーにこだわることをおすすめ致します。

羽毛布団の保温を効果的に上げる方法

それでは、どうやって羽毛布団の保温効果を上げたらいいか。
私は敷き布団カバー(敷きパッド)にこだわることをおすすめします。

第1位 電気不要の「暖暖あったか節電マット」

暖暖あったか節電マット

  • 体温を反射して蓄熱保温。電気なしでも冬ぽかぽか
  • 暖かく朝までぐっすり。丸洗いOK・電気代0円!!
  • カラー:キャメル
  • サイズ:シングル(100×200cm)
  • 商品番号:16012-0800
  • メイダイ(楽天)
  • 口コミ・レビュー

シングル(楽天市場)

2位以下のランキングはこちらから

2016'今年はこれがおすすめ!!とってもあったか冬用敷きパッド7選
とっても寒い季節、あったかな布団で眠ることほど、気持ちのいいことはないですよね。 でも、寒い冬の季節、布団に入る時に感じるヒヤ...

とっても寒い冬に入って羽毛布団の保温効果を上げたいときは、毛布のような暖かい敷き布団カバー(敷きパッド)を敷くのがおすすめです。

これにより、寝ている間に放出される暖かさを上からは羽毛布団で、下からはあったか敷き布団カバー(敷きパッド)が受け止めてくれるため、保温効果がアップします。

さらに、布団に入る時に感じるヒヤっとした感じを受けることもなくなります。
羽毛布団とはまた違った暖かさをもたらしてくれる、敷き布団カバー(敷きパッド)。

是非お試しされてみて下さい。