安売りの羽毛布団を選んではダメ!!

no
皆さんも『激安セール』や『バーゲン売り尽くし』と言う様なキャッチコピーで羽毛布団が売られているところを見たことがあるかと思います。

とっても魅力的に見えるかも知れませんが、実はすごーく注意が必要なんです。
羽毛布団業界ほどいかさまな値段の付け方が横行してマーケットはないかも知れないと思うほど、その価格には注意が必要です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

法外な値段の定価

悪徳な業者ですと法外な値段を定価と称して載せているところがあり、彼らはもともと定価で販売する必要がないので、半額以下で売ったとしても利益がでるようになっているのです。

店頭や広告、ネットで「半額!!」、『60%引き』などとと売られている商品は、値下げされた価格が本来の価値と考えた方がいいかも知れません。

羽毛価格は高騰している

以前、羽毛が高騰しているって本当??でも書きましたが、羽毛は過去に例を見ないほど価格が高騰しています。
需要に対して、供給が追いつかなくなっているのです。
それでも、安いものとなるとすれば、それは劣悪な残り物の羽毛と言うことになります。

そのような状況で未だに安さをばかりを売りにする業者には首をかしげてしまいます。

大幅な値下げ業者は疑うべき

値下げをする業者ほど怪しいものはありません。
しっかりとした業者さんは安さを売りにはしません。
なぜなら取り扱う羽毛に自信を持っているからです。
そして、そんな商売をしていても長くは続かないことを知っているのです。

悪徳業者は、言葉たくみに商品を売ろうとしています。
彼は、言葉一つで人間の購買欲が高まることを知っているからです。

最初から安さを売りにする業者を信用してはいけません。
しっかりと商品を細かく調べ、また売り手の顔しっかり見てから商品を購入するようにしましょう。

何度も言いますが、羽毛布団は決して安い物ではありません。
1万円以下の羽毛布団は、羽毛布団ではないと思って間違いありません。

高くても、丁寧に使って長く使い続ける。
そして、傷んできたらリフォームをしてさらに使い続ける。

そんな羽毛布団との付き合い方を私はおすすめ致します。