おすすめの”冬用”羽毛布団・西川リビング ポーランド産ホワイトマザーグース(シングル)79,999円

羽毛布団のタイプ

こちらの商品は、”冬用”羽毛布団です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

商品概要

※星は当サイトにて全てのスペックを元に独自に採点したものです。


※価格の変動にご注意ください。
冬用 シングル 西川リビング ホワイトマザーグース
ポーランド産

西川リビング ホワイトマザーグース羽毛布団

総合評価:

楽天市場

商品クラス

こちらの商品は、プレミアム・クラスです。

クラス分け詳細
  • ハイプレミアム プレミアムクラスの上をゆく、各布団メーカーを代表するブランド商品。
  • プレミアム とにかく寒がりで、真冬にも安心して使える商品をお探しの方に。
  • アッパーミドル 価格・品質共にバランスの取れたおすすめタイプ。
  • スタンダード 最低限の品質にはこだわりたいが、価格は安い方が助かるという方に。

商品一覧:ハイプレミアム プレミアム アッパーミドル スタンダード

※当サイト独自によるクラス分けとなります。

商品詳細

羽毛の産地 ポーランド
ダウンパワー 430dp
水鳥 ホワイトマザーグース
ダウン率 93%
側生地 綿100%(60サテン)抗菌防臭加工
キルト 2層式立体キルト

羽毛布団を選ぶ際に確認したい10のこと。

冬用の羽毛布団を選ぶときに確認したい10のこと。
羽毛布団を購入する場合、一般消費者として、私たちがお店側から得ることができる情報と言うのは、とても限られています。しかし、限られた情報で...

ここがポイント!!

高品質&高いレビュー商品。売れ切れ必須です。

  1. 信頼のある西川リビングによる日本製
  2. ポーランド産のホワイトマザーグース
  3. 保温力抜群のダウンパワー430dp
  4. 贅沢にダウン率93%を使用
  5. 西川独自のバイオアップ加工でよりふんわり、そしてクリーンに
  6. 暖かさを逃がさない立体2層式キルト
  7. しなやかで丈夫な綿100%の側生地
  8. 評価の高いレビュー

下記にて詳しくご紹介していきます。

1. 信頼のある西川リビングの日本製羽毛布団

西川

西川リビングは、京都西川、西川産業(東京西川)と並ぶ、西川グループを代表する日本屈指の羽毛布団メーカーです。

もともと日本に羽毛布団の品質は世界でも一番とされていますが、西川グループはさらに厳しい独自の基準を設けて品質向上に努めており当サイトでもっともおすすめする布団メーカーの1つです。

西川グループについて

丸わかり!ふとん王国西川グループ400年の歴史
羽毛布団選びや寝具選びでおすすめとしてよく聞く、『西川』、『西川ブランド』、『西川グループ』という名前。 でも、西川と言う名前をも...

2. 最高峰ポーランド産のホワイトマザーグースダウン

ポーランドは、ハンガリーと並び、高級羽毛の産地として知られています。

水鳥の飼育に適した環境、そして国策として羽毛の品質管理を徹底して行う両国から採れる羽毛には、他国には真似できないすばらしさがあります。

水鳥のランクは、品質が高いものから順に下記の通りとなっています。

ホワイトマザーグースについて
  1. マザーグース(ホワイト・シルバー)
  2. グース(ホワイト・シルバー)
  3. マザーダック(ホワイト・シルバー)
  4. ダック(ホワイト・シルバー)

※ホワイト、シルバーは羽毛の色のことです。品質に違いはありませんが、ホワイトがより人々に好まれる傾向にあります。

上位にランクされているホワイトマザーグースは、飼育期間が長いためダウンボールも大きく、かさ高性、弾力性、保温性に最も優れたダウンとなっております。

3. 文句なしのダウンパワー430dpで保温力抜群

dp430

ダウンパワーは、数値が高いほど品質が高いとされ、同時に保温力を持ちます。
日本では、ダウンパワー300以上であれば販売を許可されており、高いものでは460dpなどがあります。

冬用の羽毛布団としては、300〜390dpほどのダウンパワーでは保温力に不安があります。
そのため、当サイトの推奨はを400dp以上とさせて頂いております。

今回の商品は、430dpと優れた数値を持っており、しっかりとその保温力を感じることができると思います。

羽毛布団の品質を判断するダウンパワーってなに?かさ高やゴールドラベルとの関係もご紹介
こちらでは、羽毛布団を購入する際によく目にする言葉、ダウンパワーについてのご説明と、同様の意味で使われており違いが分かりづらかった、...

4. 贅沢にダウン率93%

羽毛布団の中綿は、ダウンとスモールフェザーでできています。
ダウン率というのは、そのダウンとスモールフェザーの割合のことでダウン率が高ければ高いほど保温力は増してきます。

参考 羽毛布団はダウンを50%以上使った布団のことで、スモールフェザーを50%以上使ったものを羽根布団と呼びます。

ダウン率90%に満たない羽毛布団は保温力に欠けると恐れがありますので、当サイトではダウン率90%以上を推奨としておりますが、ダウン率93%の本商品の保温力は心配ありません。

5. 西川独自のバイオアップ加工でよりふんわり、そしてクリーンに

バイオアップ加工とは
西川の独自のバイオのパワーを使用したダウン加工法。水と熱によるこの加工法により回復させた羽毛は、羽毛本来に備わる特徴を最大限に引き出し、さらに軽くそしてクリーンな羽毛へと生まれ変わります。

6. 暖かさを逃がさない立体2層式キルト

二層式キルト
立体キルトの中でも、工夫の施された二層式キルトは、上層と下層のキルトマスを違えることで、体へのフィット性を高め、暖かさが逃げにくい構造になっています。

高い技術を要する2層式キルトは、ダウンの暖かさと機能性を損なわない高品質キルトと言えます。

7. しなやかで丈夫な綿100%の側生地

こちらの商品の側生地は、綿100%です。

よく羽毛布団で寝ていて「ゴワゴワ」するであったり、「シャカシャカ」と音が気になると仰る方がいますが、この原因は側生地にあります。

ゴワゴワやシャカシャカが発生する側生地は多くの場合、100%ポリエステルです。
ポリエステルは軽量で速乾性に優れていますが、綿などの天然繊維に比べると肌触りがあまり良くありません。

ポリエステル100%の側生地は、天然繊維の側生地に比べて安価の為、価格が安い商品によく用いられる傾向にありますがあまりおすすめではありません。

最近では、軽量化と称してポリエステル商品が多く出回ってきていますが、おすすめの側生地は、綿100%です。

※綿の高級品として超長綿などがあり、より肌触りが良くなります。

側生地を選ぶ際は、100%ポリエステルはなるべく避けるようにし、20%以上は綿が混紡(綿:20%・ポリエステル80%など)されている商品をお選ぶすることをおすすめいたします。

また、布団カバーに関しては必ず綿100%(もしくは超長綿)を選ぶようにしましょう。

長持ちの秘訣。羽毛布団カバーは絶対必要&おすすめ布団カバー
よく羽毛布団に布団カバーを付けるべきかお悩みの方がいらっしゃいます。 私は、間違いなくかける付けることをおすすめ致します。 ...

8. 評価の高いレビュー

とっても参考になるのが、この購入者による商品レビュー。
ご覧になって頂くとわかるとおり、素晴らしい程に高いレビューとなっております。

%e3%83%ac%e3%83%92%e3%82%99%e3%83%a5%e3%83%bc

商品レビューを確認する。

※星は当サイトにて全てのスペックを元に独自に採点したものです。


※価格の変動にご注意ください。
冬用 シングル 西川リビング ホワイトマザーグース
ポーランド産

西川リビング ホワイトマザーグース羽毛布団

総合評価:

楽天市場

キーワードから羽毛布団を探す

シングル セミダブル ダブル クイーン キング

西川すべて 西川産業(東京西川) 京都西川 西川リビング 山甚物産 ロマンス小杉

3万〜5万円 5万〜10万円 10万〜20万円以上