おすすめの昭和西川”肌掛け”羽毛布団 ハンガリー産シルバーグース(ダブル)63,000円

羽毛布団のタイプ

こちらの商品は、”夏用”肌掛け羽毛布団です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

商品概要

※星は当サイトにて全てのスペックを元に独自に採点したものです。


※価格の変動にご注意ください。
肌掛け ダブル 昭和西川 グース ハンガリー産

昭和西川 シルバーグース”肌掛け”羽毛布団

総合評価:

  • 63,000円(税別)・送料無料
  • ハンガリー産
  • サイズ:ダブル(190×210cm)
  • 中綿量:0.4kg
  • 商品番号:2211203163

昭和西川オンライン 楽天市場

商品クラス

こちらの商品は、プレミアム・クラスです。

クラス分け詳細
  • ハイプレミアム:品質重視の方に。軽いのにしっかりとした保温性。寒がり、冷え性の方にも。
  • プレミアム:価格・品質共にバランスの取れた商品。
  • スタンダード:最低限の品質はこだわりたいが、価格は安い方が助かるという方に。

※当サイト独自によるクラス分けとなります。

商品一覧

※タグをクリックするとそれぞれの一覧がご覧になれます。

ハイプレミアムシングル セミダブル ダブル クイーン キング

プレミアムシングル セミダブル ダブル クイーン キング

スタンダードシングル セミダブル ダブル クイーン キング

商品詳細

羽毛の産地 ハンガリー産
水鳥 シルバーグース
ダウンパワー 390dp
ダウン率 90%
側生地 綿100%(超長綿/ポリジン加工)

ここがポイント!!


昭和西川によるこだわりの肌掛け羽毛布団

  1. 信頼のある昭和西川による日本製
  2. 最高峰ハンガリー産のシルバーグースダウン
  3. ダウンパワー390dpで安心の保温力
  4. ダウン率90%で十分な保温力
  5. 丈夫でしなやか超長綿の側生地
  6. 抗菌・防臭ポリジン加工

下記にて詳しくご紹介していきます。

1. 信頼のある昭和西川による日本製

西川
昭和西川は、京都西川、西川産業、西川リビングと並ぶ、西川グループを代表する日本屈指の羽毛布団メーカーです。

西川グループについて

丸わかり!ふとん王国西川グループ400年の歴史
羽毛布団選びや寝具選びでおすすめとしてよく聞く、『西川』、『西川ブランド』、『西川グループ』という名前。 でも、西川と言う名前をも...

もともと日本に羽毛布団の品質は世界でも一番とされていますが、西川グループはさらに厳しい独自の基準を設けて品質向上に努めており当サイトでもっともおすすめする布団メーカーの1つです。

2.最高峰ハンガリー産のシルバーグースダウン

ハンガリーは、ポーランドと並び高級羽毛の産地として知られています。

水鳥の飼育に適した環境、そして国策として羽毛の品質管理を徹底して行う両国から採れる羽毛には、他国には真似できないすばらしさがあります。

羽毛の産地ってどこがおすすめなの?
羽毛布団の中綿となる羽毛(ダウン)の品質は、産地によって決まるなどというお話をお聞きされたことがあるかと思います。でも、羽毛の産地がどこ...

水鳥のランクは、品質が高いものから順に下記の通りとなっています。

シルバーグースについて
  1. マザーグース(ホワイト・シルバー)
  2. グース(ホワイト・シルバー)
  3. マザーダック(ホワイト・シルバー)
  4. ダック(ホワイト・シルバー)

※ホワイトとシルバーは羽毛の色のことです。両色で品質に違いはありませんが、一般的にホワイトダウンが人気になる傾向があります。そのためシルバーダウンは価格が下がりお買い得となる場合がほとんどです。

シルバーグースは、上位から2番目にランクされており、マザーグースに次ぐダウンボールの大きさを持ち、高い保温力の源となります。

3. ダウンパワー390dpでしっかりとした保温力

ダウンパワーは、数値が高いほど品質が高いとされ、同時に保温力を持ちます。
廉価なものですと、ダウンパワー300dpなどから、高いものでは460dpなどがあります。

ダウンパワーについて

羽毛布団の品質を判断するダウンパワーってなに?かさ高やゴールドラベルとの関係もご紹介
こちらでは、羽毛布団を購入する際によく目にする言葉、ダウンパワーについてのご説明と、同様の意味で使われており違いが分かりづらかった、...

当サイトの種類別の羽毛布団推奨ダウンパワーは以下の通りです。

  • 冬用羽毛布団:400dp以上
  • 夏用肌掛け羽毛布団:350dp以上
  • 合掛け羽毛布団:350dp以上以上

真冬でも安心して使用するために、冬用羽毛布団は少し高めの400dp以上をおすすめしていますが、”夏用”の肌掛け羽毛布団や”春秋用”の合掛け羽毛布団”であれば350dp以上がおすすめです。

本商品はダウンパワー390dpとなっており、十分なその保温力を感じていただくことができます。

ダウンパワーは高くて悪いことはありません。肌掛け羽毛布団も合掛け羽毛布団もその季節に合うダウン量を調整しているので、しっかりとした商品選びをしていれば暑すぎたり、寒すぎたりする心配はあまりありません。

一般的な羽毛の充填量(シングルの場合)
  • 冬用羽毛布団 :充填量約1.2kg
  • 肌掛け羽毛布団:充填量約0.4kg
  • 合掛け羽毛布団:充填量約0.8kg

※充填量は商品によって多少前後します。

ゴールドラベルについて

ゴールドラベル

羽毛布団をお探しの方であれば上記のようなゴールドラベルをご覧になったことがあるかも知れません。

ゴールドラベルとは
別名:品質保証ラベル
ゴールドラベルとは日本羽毛製品協同組合(日羽協)により発行される4つのラベルのことで、その羽毛布団の品質を保証するとともに、羽毛布団を総合的に判断し4つクラス分けがなされます。ラベルには、「プレミアムゴールド」、「ロイヤルゴールド」、「エクセルゴールド」、「ニューゴールドラベル」があります。

ラベル分けは、ダウンパワー値を元に下記の通りとなります。(dp=ダウンパワー)

プレミアムゴールドラベル
プレミアムゴールド
440dp以上/かさ高18.0cm以上
ロイヤルゴールドラベル
ロイヤルゴールド
400dp以上/かさ高16.5㎝以上
エクセルゴールドラベル
エクセルゴールド
350dp以上/14.5cm以上
ニューゴールドラベル
ニューゴールドラベル
300dp以上/かさ高12.0cm以上
西川では、ゴールドラベルを使用していません。

西川製の本商品は、ゴールドラベルが付いてはいません。

その理由として、品質の高い羽毛布団を製造している東京西川(西川産業)、京都西川、西川リビング、昭和西川などの西川グループでは、各社でさらに厳しい品質基準を設けてダウンパワー表示(かさ高表示)を行っているためゴールドラベルによるランク付けを行っていないのです。

ですので、ゴールドラベルが付いていない羽毛布団だからと言って、信用ができないと思い込まずにしっかりダウンパワーやその他商品規格をしっかり確認しながら羽毛布団選びをするようにしましょう。

おすすめ記事

西川グループの羽毛布団には、ゴールドラベルが付かないってほんと?
羽毛布団選びをしている際に、よく目にするゴールドラベルという言葉。羽毛布団の品質を表しているようですが、西川製の羽毛布団では見かけること...

4. ダウン率90%で十分な保温力

羽毛布団の中綿は、ダウンとスモールフェザーでできています。
ダウン率というのは、そのダウンとスモールフェザーの割合のことでダウン率が高ければ高いほど保温力は増してきます。

※羽毛布団はダウンを50%以上使った布団のことで、スモールフェザーを50%以上使ったものを羽根布団と呼びます。
羽毛布団と羽根布団って何が違うの??
注意しないと読み違えてしまいそうになる羽毛布団と羽根布団。 みなさんは、この二つの違いってご存知ですか? こちらでは、この羽毛布...

肌掛け羽毛布団としては、ダウン率が60%などダウン率がかなり低い商品が多く出回っていますがあまりおすすめとは言えません。

夏用としての利用なので保温力は問題ないと思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、夏場はクーラーや早朝の気温が下がる時間帯など体を冷やして体調を崩してしまいがちとなる季節です。

そのため夏には冷えからしっかり体を守ってくれるある程度の保温力はとても大切なのです。

そのため、当サイトでは肌掛け羽毛布団のダウン率は85%以上をおすすめとしておりますが、今回の商品は贅沢にハンガリー産ダウンを90%使用しており、冷えから体をしっかり守ってくれるでしょう。

夏場に羽毛布団って暑くないの?

肌掛け羽毛布団は、冬用の羽毛布団に比べて中身の(ダウン+スモールフェザー)の充填量が調整されており、夏場でも問題なくご使用できるようにデザインされています。

通常は以下の充填量が基本となっています。

  • (例)冬用羽毛布団・シングル: 充填量1.3kg
  • (例)肌掛け羽毛布団・シングル:充填量0.3kg

また、もともと羽毛布団はとても軽量で通気性に優れているため、その他の掛け布団など比べても汗をかいて蒸し暑くなるという可能性は低いでしょう。

夏に羽毛布団って使えるの?
よく羽毛布団を検討されていらっしゃる方で、『夏の暑い時期でも羽毛布団は使えますか??』と言うような質問をされる方がいらっしゃいます。 ...

5. 丈夫でしなやか超長綿の側生地

こちらの商品の側生地は、超長綿(綿100%)となっています。

よく羽毛布団で寝ていて「ゴワゴワ」するであったり、「シャカシャカ」と音が気になると仰る方がいますが、この原因は側生地にあります。

ゴワゴワやシャカシャカが発生する側生地は多くの場合、100%ポリエステルです。
ポリエステルは軽量で速乾性に優れていますが、綿などの天然繊維に比べると肌触りがあまり良くありません。

羽毛布団に使われる側生地の種類とランクは以下のとおりです。

  1. 超長綿
  2. 綿
  3. 合成繊維/合繊(ポリエステルなど)
超長綿とは
超長綿とは、繊維の長さが平均35mm以上の綿のことをいい、特徴としては下記のことが挙げられます。

  • やわらかなドレープ性
  • ソフトでしなやかな感触
  • 通常の綿よりも吸湿性・通気性に優れる
  • 輝くような光沢で艶やか

綿100%の生地の中でもしなやかで柔らかい超長綿は、当サイトでも一番に推奨している側生地です。軽くて柔らかい肌触りで、通気性にも優れているので羽毛が膨らみやすく、快適な寝心地を得ることができます。

羽毛布団の側生地の選び方について

こんなに簡単だった!羽毛布団の側生地の選び方
羽毛布団を選ぶ際にとっても重要な要素の1つである側生地。 どんなに中綿の羽毛が高品質だとしても、それを包みこむ側生地が悪い...
ポリエステル100%には注意

一方、注意が必要なのはポリエステル100%の側生地です。

ポリエステル100%の側生地は、天然繊維の側生地に比べて安価の為、価格が安い商品によく用いられる傾向にありますがあまりおすすめではありません。

羽毛肌掛け布団の場合、洗えるお布団である「ウォッシャブル・タイプ」が多く出回ってきており速乾や軽量化としてポリエステル商品が多く出回ってきていますが、おすすめの側生地は、綿100%(もしくは超長綿)です。

側生地を選ぶ際は、100%ポリエステルはなるべく避けるようにし、20%以上は綿が混紡(綿:20%・ポリエステル80%など)されている商品をお選ぶすることをおすすめいたします。

また、布団カバーに関しては必ず綿100%(もしくは超長綿)を選ぶようにしましょう。

長持ちの秘訣。羽毛布団カバーは絶対必要&おすすめ布団カバー
よく羽毛布団に布団カバーを付けるべきかお悩みの方がいらっしゃいます。 私は、間違いなくかける付けることをおすすめ致します。 ...

6. 抗菌・防臭ポリジン加工

ポリジン加工

ポリジン加工とは
ポリジン加工とは、スウェーデン大手化学薬品メーカーポリジン社により開発された環境に優しい抗菌技術です。天然の銀イオンにより、微生物やバクテリアの成長を抑制し、抗菌効果をもたらします。

生地にポリジン加工を施すことで、生地はいつも新鮮さを保ち、洗濯をしても効果が劣化しにくいという特性により、長期間効果が持続します。

ジメジメした季節に部屋干しや寝汗などの嫌な臭いもしっかりカット。

SEKの基準(青ラベルクラス)をクリアしており、包帯にも使われなど肌にも安心な安全性も実証済みです。

※星は当サイトにて全てのスペックを元に独自に採点したものです。


※価格の変動にご注意ください。
肌掛け ダブル 昭和西川 グース ハンガリー産

昭和西川 シルバーグース”肌掛け”羽毛布団

総合評価:

  • 63,000円(税別)・送料無料
  • ハンガリー産
  • サイズ:ダブル(190×210cm)
  • 中綿量:0.4kg
  • 商品番号:2211203163

昭和西川オンライン 楽天市場

おすすめ記事

長持ちの秘訣。羽毛布団カバーは絶対必要&おすすめ布団カバー
よく羽毛布団に布団カバーを付けるべきかお悩みの方がいらっしゃいます。 私は、間違いなくかける付けることをおすすめ致します。 ...
夏の正しいタオルケットの選び方とおすすめ商品
湿気が多く蒸し暑くなる日本の夏。 少しでも快適に、そして気持ちよく眠りたいという思いから、さわやかなタオルの感触をヒントとしてタオ...
これを読めばお布団をクリーニングに出したくなる。
みなさんは、お布団をクリーニングに出されたことはありますか? 一般の家庭でお布団を買い替えるまでの期間は約7年だそうですが、そのうち約...