羽毛布団の寿命ってどれくらい?

lifetime
けっして安くない買い物ではない羽毛布団。できるなら長く使い続けたいですよね。

みなさんは、羽毛布団の寿命ってどれくらいかご存知ですか?
今回は、羽毛布団の寿命とリフォーム、そして長く使うコツをご紹介致します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

羽毛布団の寿命は10年〜15年

一般的に、羽毛布団の寿命は10年〜15年と言われています。けっこう長いですよね。
布団カバーを掛けるなどして丁寧に使用していれば、10年から15年程度は十分使用することができる優れものなんです。

しかも、10年〜15年経った後でも、羽毛布団を新品のように再生させることができることをご存知でしたでしょうか?

以下では、羽毛布団リフォーム(打ち直し)について簡単にご紹介していきます。

羽毛のリフォームでさらに10年以上使用が可能

この羽毛布団もう寿命かな?と考えるサインには以下のことが挙げられます。

  • 側生地が傷んで羽毛が吹きだしてくる
  • 汗等の汚れにより羽毛がへたってきた
  • 嵩が減った
  • 前ほど、暖かくなくなった
  • 羽毛の片寄りが気になる
  • 側生地が汚れている

上記の問題点は、羽毛の洗浄側生地の交換によって解決することが可能なのです。
そしてそれを私たちは羽毛布団のリフォームと呼んでいます。

参考 詳しくは、羽毛布団の打ち直し(リフォーム)について知りたい!をご確認ください。

羽毛自体の寿命は30年以上もある

驚くことに羽毛自体の寿命は30年以上もあるんです。しかし、羽毛布団として使用し始めると、側生地が汚れたり破れたり、汗を吸い取ったせいで羽毛が汚れてきたりと、いろいろ問題がでてきてしまうのです。

そこで、羽毛が汚れているなら、羽毛を一度取り出して洗浄する。側生地が傷んでいるなら、側生地を交換するなどして、さらに10年以上使っていこうというのがリフォームの考え方です。

使えるものは残して、問題があるところだけ直して使う。というのは、家のリフォームでも同じですね。

動物性の天然素材である羽毛はしっかりとした耐久性をもっており、手入れをしっかりとしていれば、その寿命はとっても長いのです。

羽毛布団のリフォームなら、羽毛布団のサイズを変更したい、ボリュームを減らしたい(増やしたい)などの要望に答えることができるようになっています。
ご興味がありましたら、ご検討されてみてはいかがでしょうか。

参考 羽毛布団の打ち直し(リフォーム)について知りたい!

羽毛布団長く使い続けるために

そのお使いの羽毛布団の寿命を長くさせるも、短くさせるもご使用次第です。
最低限以下の点には気をつけるようにしましょう。

羽毛布団は、決して乱暴に扱わない。

羽毛布団の側生地は特殊な加工( ダウンプルーフ加工)により羽毛が飛び出さないようになっています。しかし、一度針ほどの大きさの穴で開いてしまうとそこからとてもつもないほどの羽毛が飛び出してくることになります。

羽毛布団の上に飛び上がったりして、側生地が破れたりしないよう注意してご使用するようにしてください。

羽毛布団カバーはぜったい付けましょう。

人は睡眠中、コップ一杯の汗を必ずかきます。かいた汗の多くは布団が吸い取ることになりますが、羽毛は汗が大敵です。汗によって羽毛の寿命を縮めることのないように、布団カバーは必ずかけるようにしてください。

参考 長持ちの秘訣。羽毛布団カバーは絶対必要

夏に冬用の羽毛布団はおすすめではありません。

上記でご紹介の通り、人間の汗は羽毛布団の大敵です。あまり知られてはいませんが羽毛布団は季節に分けて4種類の羽毛布団が存在しています。

季節で使い分ける4種類の羽毛布団
  • 冬用羽毛布団
  • 羽毛肌掛け布団(ダウンケット)
  • 羽毛合掛け布団
  • 2枚合わせ羽毛布団

よく夏でも冬用の羽毛布団をご使用されている方がいますが、もちろん暑すぎで無駄な汗をかくことにより羽毛の寿命を縮めてしまうことになりかねません。

なるべく季節にあったお布団をご使用されるようにしましょう。

保管方法にも注意しましょう。

夏場など羽毛布団を長期間しまっておく際も注意が必要です。
特に圧縮袋をなどを使い、圧縮しての保管は羽毛の傷みの原因となります。
保管する際は、風呂敷式などの綿素材で、通気性のよい布製バッグで保管することが好ましいです。
詳しくは下記をご参照されてみてください。

参考 正しい羽毛布団の収納方法

まとめ

最初にご紹介の通り、大切に使用して頂ければ羽毛布団は15年も使用することができます。そして、寿命かな?と思っても、羽毛のリフォームを行うことによりさらに使い続けることができます。

30年以上も寿命があると言われている羽毛。
決して安い物ではありませんがこれだけ長い間愛用できるなら、決して高くはないのかもしれません。

値段に惑わされず、みなさんの一生物として大切にできる羽毛布団選びをおすすめ致します。