おすすめの羽毛布団と選び方をしっかり理解しよう

スポンサーリンク
羽毛布団のお選び.comについて
羽毛布団のお選び.com 羽毛布団のお選び.comは、これから羽毛布団を買おうと検討している方や、羽毛布団をすでに愛用している方によりおすすめの羽毛布団について知って頂くためのサイトです。

失敗しない羽毛布団選び方をわかりやすくご紹介し、購入後のメンテナンス方法も説明しております。

スポンサーリンク

この冬におすすめな羽毛布団はこれ

冬用 シングル 京都西川 ホワイトマザーグースポーランド産 ローズ羽毛ふとん

京都西川 ホワイトマザーグース羽毛布団

総合評価:4.5
  • 97,574円・送料無料
  • ポーランド産
  • サイズ:シングル(150×210cm)
  • 中綿量:1.2kg
  • ふとん de ハッピー
  • 商品番号:uk8092-PM95SL
商品詳細

寒さを感じるこの頃、本格的な冬を前に早めに用意しておきたい冬用の羽毛布団

でもなかなか、どんな羽毛布団を購入したら良いかわからないものです。

当サイトではわかりやすく羽毛布団の選び方をご紹介しております。

日々の快適な眠りは健康に行きていく秘訣です。ぜひ当サイトをご参考にご自身に合った羽毛布団をみつけてください。

冬用の羽毛布団の選び方についてはこちら

失敗しないための"冬用"羽毛布団の選び方とおすすめの羽毛布団について
羽毛布団を購入する場合、一般消費者として、私たちがお店側から得ることができる情報と言うのは、とても限られています。しかし、限られた情報でもしっかりとした知識をもっていれば、正しい羽毛布団選びは可能です。 こちらでは、おすすめの冬用の羽...

冬用羽毛布団のクラス分け

当サイトでは冬用羽毛布団を以下の4クラスに分けてご紹介しています。

※タグをクリックするとそれぞれの一覧がご覧になれます。

クラス分け詳細
ハイプレミアム:プレミアムクラスの上をゆく、各布団メーカーを代表するブランド商品。
シングル セミダブル ダブル クイーン キング

プレミアム:とにかく寒がりで、真冬にも安心して使える商品をお探しの方に。
シングル セミダブル ダブル クイーン キング

アッパーミドル:価格・品質共にバランスの取れたおすすめタイプ。
シングル セミダブル ダブル クイーン キング

スタンダード:最低限の品質にはこだわりたいが、価格は安い方が助かるという方に。
シングル セミダブル ダブル クイーン キング

※当サイト独自によるクラス分けとなります。

人気の冬用羽毛布団

popular_umofuton

シングルサイズ

no1
no2
no3

その他のシングルサイズおすすめ

セミダブル

no1
no2
no3

その他のセミダブルおすすめ

ダブル

no1
no2
no3

その他のダブルおすすめ

クイーン

no1
no2
no3

その他のクイーンおすすめ

キング

no1
no2
no3

その他のキングサイズおすすめ

オールシーズンおすすめの2枚合わせ羽毛布団

2枚合わせ羽毛布団とは
2枚合わせ羽毛布団とは上記でご紹介している夏場におすすめの”肌掛け布団(ダウンケット)”と秋口・春頃におすすめの”合掛け布団”を1つにした羽毛布団です。

取り外しが可能ですので、下記の通り4シーズン通してご使用することができます。

  1. 夏場のエアコンでの寝冷え防止に通気性の良い”肌掛け”タイプを
  2. 秋や春頃には羽毛の充填量が多い”合掛け布団”タイプを
  3. 本格的な寒い冬には肌掛けと合掛けを2枚合わせて
  • 肌掛け(夏)+合掛け(春・秋)=2枚合わせ羽毛布団(冬)

このようなことからよくオールシーズン羽毛布団とも呼ばれています。

オールシーズン(春夏秋冬)におすすめの”2枚合わせ羽毛布団”の選び方とおすすめ7選
羽毛布団には、季節や気温で使い分けることができる4種類が存在することを以前の記事にてご紹介いたしました。 4種類の羽毛布団 冬用羽毛布団 春秋冬 羽毛肌掛け布団(ダウンケット) 夏 羽毛合掛け布団 春秋冬 ...

当サイト一押しの2枚合わせ羽毛布団

サイズ・価格商品詳細

シングル
イチオシ品質・保温力共に文句なしのおすすめ商品

商品ページ
シングル セミダブル ダブル クイーン キング

4種類の羽毛布団

一般的に市場に出回っている羽毛布団には下記の4タイプがあります。

4種類の羽毛布団

最近は羽毛の高騰から品質のよい羽毛布団がどんどん減ってきています。

羽毛の価格が高騰しているって本当??
あまりいいお話ではありませんが、今回のタイトルの通り、今羽毛布団の中綿となる羽毛(ダウン)の価格が高騰しています。 今回は、羽毛の価格高騰の背景について解説していきます。 羽毛価格が高騰している理由 羽毛の価格が高騰している一...

安売りの品質の悪い羽毛布団を買う羽目ならないよう、当サイトをご参考にしながら品質の良い羽毛布団お見つけください。

種類別おすすめ冬用羽毛布団

当サイトおすすめの羽毛布団を種類別にご紹介しております。

クラス別

当サイトでは、冬用のおすすめ羽毛布団を下記の4クラスに分けてご紹介しております。

ハイプレミアム プレミアム アッパーミドル スタンダード

クラス分け説明
  • ハイプレミアム プレミアムクラスの上をゆく、各布団メーカーを代表するブランド商品。
  • プレミアム とにかく寒がりで、真冬にも安心して使える商品をお探しの方に。
  • アッパーミドル 価格・品質共にバランスの取れたおすすめタイプ。
  • スタンダード 最低限の品質にはこだわりたいが、価格は安い方が助かるという方に。

サイズ別

サイズ別におすすめの冬用の羽毛布団をまとめております。

シングル セミダブル ダブル クイーン キング

サイズヨコ×タテコメント
シ ン グ ル150×210cm1人用
セミダブル170×210cm1人でゆったり
ダ ブ ル190×210cm2人用
ク イ ー ン210×210cm2人でゆったり
キ ン グ230×210cm家族3人用

メーカーによりサイズには多少の違いがあります。あくまでも目安としてご確認ください。

羽毛布団メーカー別

当サイトでは、西川グループである東京西川(西川産業)、京都西川、西川リビング、ロマンス小杉、そして山甚物産を信頼できる羽毛布団メーカーとしてご紹介しております。

西川すべて 西川産業(東京西川) 京都西川 西川リビング 山甚物産 ロマンス小杉

おすすめ記事
丸わかり!ふとん王国西川グループ400年の歴史
羽毛布団選びや寝具選びでおすすめとしてよく聞く、『西川』、『西川ブランド』、『西川グループ』という名前。 でも、西川と言う名前をもつ会社を調べてみると西川産業、西川リビング、京都西川など、とてもたくさん出てきます。 よくよく...

ダウンの産地別

羽毛の産地としてまず名前が挙げられるのが、ハンガリーポーランド。極寒の地として知られるポーランドとハンガリーは、羽毛を育てるために最も適した地域にあること、国家政策として高品質な羽毛を生産するための研究開発が積極的に行われいることなどから、高品質な羽毛が採れる産地として有名です。

当サイトでもツートップでおすすめしている産地です。

ハンガリーとポーランドと同様に、東欧には羽毛の生産が昔から盛んな国々がたくさんあります。ウクライナ、ロシア、ドイツ、フランス、チェコなどは、羽毛布団の産地として知られており、当サイトでは下記の産地の羽毛布団をご紹介しております。

ちょっと注意が必要なのは中国産のダウンです。安さで羽毛布団を選んでしまうと痛い目にあってしまうかも。。

現在、当サイトでは下記の産地から羽毛布団をご紹介しております。

ポーランド産 ハンガリー産 ウクライナ産 ロシア産

おすすめ記事
2020' おすすめの羽毛布団(ダウン)の産地について
羽毛布団の中綿となる羽毛(ダウン)の品質は、産地によって決まるなどというお話をお聞きされたことがあるかと思います。でも、羽毛の産地がどこで、その優劣なんて国の名前を聞いただけでは分かりませんよね。 こちらでは、その羽毛の産地とおすすめ...
中国産の羽毛布団ってやっぱり注意が必要?
羽毛の産地として最近知られるようになっている中国。 そんな中国産の羽毛と羽毛布団についてのお話です。 中国産の羽毛布団はおすすめしません。 最近では、品質のよい羽毛を生産している農家もあるようですが、当サイトとしては、やはり中国産...

水鳥の種類別

グースvsダック

羽毛が採れる水鳥の種類は、品質が高いものから順に下記の通りとなっています。

水鳥の種類
  1. マザーグース(ホワイト/シルバー)
  2. グース(ホワイト/シルバー)
  3. マザーダック(ホワイト/シルバー)
  4. ダック(ホワイト/シルバー)

※ホワイト、シルバーは羽毛の色のことです。品質に違いはありませんが、ホワイトがより人々に好まれる傾向にあります。

一般的に、体の大きいグースは、ダックに比べてダウン1つ1つが大きく保温力があるため価値が高くなります。

マザーグース/マザーダックは次世代の子供の残すために繁殖用として育てられた親鳥のことで、通常の若鳥(グース/ダック)に比べ品質が良く保温力も増してきます。

マザーグース グース マザーダック ダック

おすすめ記事
羽毛布団の羽毛(ダウン)が採れる水鳥の種類|おすすめのダウンについて
こちらでは、羽毛布団に使われる羽毛を持つ水鳥の種類についてご説明致します。 水鳥の種類は、2種類だけ 羽毛布団の中綿(ダウン)としてみなさんが目にすることがあるダウンは以下の5種類です。 ダウンの種類 アイダーダッ...

価格別

ご予算に合わせて、商品を確認できるよう価格別でおすすめの羽毛布団をまとめております。
3万〜5万円 5万〜10万円 10万〜20万円以上

キーワード

京都西川と言えばローズ羽毛布団。ポーランド産の最高品質ダウンのホワイトコウダ。ゴアラミネート加工羽毛ふとんのロイヤルスターなど、特別な名前の付いた羽毛布団がいくつか存在しています。

こちらでは、みなさんにご興味を持っていただきそうなものをピックアップしてご紹介しております。

ローズ羽毛布団 ホワイトコウダ エッググース ロイヤルスター

冬用羽毛布団を選ぶ際に確認したいこと

当サイトにて冬用の羽毛布団選びとして下記の記事では10のチェックリストをご紹介しております。

失敗しないための"冬用"羽毛布団の選び方とおすすめの羽毛布団について
羽毛布団を購入する場合、一般消費者として、私たちがお店側から得ることができる情報と言うのは、とても限られています。しかし、限られた情報でもしっかりとした知識をもっていれば、正しい羽毛布団選びは可能です。 こちらでは、おすすめの冬用の羽...

具体的に下記のリストとなります。

10のチェックリスト
  1. 羽毛布団は日本製であること◎
  2. ダウン(羽毛)の産地はどこか
  3. 水鳥の種類はなにか
  4. 信頼できる布団メーカーであること◎
  5. ダウンパワーは400dp以上であること◎
  6. ダウン率は90%以上であること◎
  7. 羽毛重量は適正か
  8. 側生地の素材はなにか
  9. キルティングの種類はなにか
  10. 購入された方のレビューはどうか

当サイトでは、失敗しない羽毛布団(冬用)選びの絶対条件として上記の10のことから以下の4つを必ずクリアしている羽毛布団のみをご紹介しております。

  • 日本製であること
  • 信頼ある羽毛布団メーカーであること
  • ダウンパワーは400dp以上であること
  • ダウン率は90%以上であること

日本製であること

当サイトでは、失敗しない羽毛布団選びのために何度もにわたり日本製の羽毛布団をお選びすることの大切さをご説明してきました。

※日本製というのは、日本にて羽毛布団が製造されたと言う意味です。日本は羽毛を100%海外からの輸入に頼っています。

軽量でありながら保温力に優れ、寒い冬には欠かせない寝具である羽毛布団の品質は、その中綿となる羽毛に大きく依存します。動物性の天然素材でできている羽毛は、扱いをあやまるととても寝具として使えるものではなくなります。

獣臭さの発生や、保温力不足などは、作り手が羽毛という繊細な素材の取り扱いをしっかりと心得ていないことが大きな理由として挙げられます。

これだけあった羽毛布団の臭いの原因とその対策
羽毛布団をご利用されている皆様の中でも多かれ少なかれ羽毛布団の臭いでお悩みの方はいらっしゃるかと思います。 羽毛布団の匂いと言っても、その原因はたくさん存在しており、原因により対応策が異なってきます。今回はいくつかある臭いの原因を挙げ...

羽毛布団に関する羽毛布団の問題は、安さを売りにした中国製に多く発生しています。

中国産の羽毛布団ってやっぱり注意が必要?
羽毛の産地として最近知られるようになっている中国。 そんな中国産の羽毛と羽毛布団についてのお話です。 中国産の羽毛布団はおすすめしません。 最近では、品質のよい羽毛を生産している農家もあるようですが、当サイトとしては、やはり中国産...

日本では、信頼できる羽毛布団メーカーがたくさん存在しています。また、それらの羽毛布団をメーカーを消費者の立場から監視する機関である日本羽毛製品協同組合も存在し、日本製の羽毛布団の品質向上に努めています。

日本羽毛製品協同組合(日羽協)ってどんな組合?
何度かこちらのサイトでも紹介している日本羽毛製品協同組合という組合。 ご存知でない方もたくさんいらっしゃるかと思いますので、こちらにて日本羽毛製品協同組合のご紹介をしていきたいと思います。 日本羽毛製品協同組合とは 日本羽...

羽毛布団選びのはじめの一歩として、まずはお選びされた羽毛布団が日本製であるかどうかを確認されてみてはいかがでしょうか。

信頼ある羽毛布団メーカーであること

信頼できる羽毛布団メーカーを選ぶことも羽毛布団選びにはとても大切なことです。

今の時代、スマホやパソコンで簡単に商品やお店の口コミやレビューが確認できてしまいます。それだけに、商品を偽って販売したり、品質の悪い商品ばかりを売っているお店はその悪い評判がすぐに広まってしまいます。

もちろんそんなお店からは誰も商品を購入することはなくなるでしょう。そうなれば、当然商売などできなくなってしまいます。

有名なメーカーであるから全ての商品が素晴らしいというわけではありませんが、長い間商売を続けてきているということは、それだけ消費者から信用を得ていると言えます。そして、長年商売を行うことで培われた技術が羽毛布団にたくさん現れています。

当サイトでは、西川グループである東京西川(西川産業)、京都西川、西川リビング、昭和西川やロマンス小杉、そして山甚物産を信頼できる羽毛布団メーカーとしてご紹介しております。

ダウンパワーは400dp以上であること

ダウンパワーとは
ダウンパワーとは、羽毛がどれだけふわふわしているか、どれほどの保温性を持っているかを数値化したもののことをいい、dp(㎝3/g)の記号を使います。

※以前までは、かさ高が数値と利用されてきましたが2012年からダウンパワーが用いられるようになっています。

ダウンパワーの数値は、そのまま羽毛布団の保温力に繋がるほど大切な数値で数字が高くなればなるほど膨らみ度が高く保温性に長けており良い羽毛とされています。

日本では300dpから販売が許可されており、数値が高いものでは460dp以上の羽毛も存在しております。

当サイトでは、冬用の羽毛布団の場合、ダウンパワー400dp以上を推奨しております。

最近では、日本羽毛製品協同組合が発行するゴールドラベルも普及してきており、同じように羽毛布団の品質を確認する良い指標となってきておりますが、西川グループではゴールドラベルを採用していないことなどから、なるべくダウンパワーを優先して確認することをおすすめいたします。

詳しいダウンパワーとゴールドラベルに関するお話はこちらから
羽毛布団の品質を判断するおすすめのダウンパワーはなに?かさ高やゴールドラベルとの関係もご紹介
こちらでは、羽毛布団を購入する際によく目にする言葉、ダウンパワーについてのご説明と、同様の意味で使われており違いが分かりづらかった、かさ高やゴールドラベルとの関係性についても合わせてご紹介致します。 今年の冬は...

ダウン率は90%以上であること

ダウンボール
ダウン
スモールフェザー
スモールフェザー

羽毛布団の中綿は、ダウンとスモールフェザーでできています。
羽毛布団はダウンを50%以上使った布団のことで、スモールフェザーを50%以上使ったものを羽根布団と呼びます。

羽毛布団と羽根布団の違い
  • ダウン50%以上 羽毛布団
  • スモールフェザー50%以上 羽根布団

羽毛布団と羽根布団の違いについてはこちら

羽毛布団と羽根布団って何が違うの??
注意しないと読み違えてしまいそうになる羽毛布団と羽根布団。 みなさんは、この二つの違いってご存知ですか? こちらでは、この羽毛布団と羽根布団についてご説明致します。 違いは、中綿のダウン比率 羽毛布団も羽根布団も中綿は、ダウ...

ダウン率が高ければ保温力が増し、スモールフェザー率が高ければ保温力は低下します。
上記でご説明したダウンパワーがいくらいい数値であっても、ダウン率が低ければ寒い冬を安心して越すことはできません。

冬用の羽毛布団お探しであればダウン率90%以上を当サイトにて推奨としております。

まとめ
以上の4つ「日本製であること」、「信頼ある羽毛布団メーカーであること」、「ダウンパワーは400dp以上であること」、「ダウン率は90%以上であること」を確認しながら、羽毛布団選びを始められてみてはいかがでしょうか。

キーワードクラウド

cloud

キーワード別にコンテンツをまとめています。

おすすめの敷き布団お布団のクリーニングゴアラミネート羽毛布団ダニ&カビ対策冬におすすめの寝具夏におすすめの寝具羽毛布団のメンテナンス羽毛布団の天日干し羽毛布団のリフォーム羽毛布団の基礎知識羽毛布団の選び方花粉症対策西川のお布団西川の健康敷き布団

正しい羽毛布団のメンテナンス方法

ダニ・カビ対策に効果的な正しい羽毛布団の干し方&おすすめの天日干しの方法について
羽毛布団をご愛用のみなさん、羽毛布団の天日干しは定期的に行えていますでしょうか。 正しい羽毛布団の天日干しは、ダニやカビ対策だけでなく、羽毛布団の寿命を左右するとても大切なことなんです。 今回は、衛生的に気持ちよく羽毛布団を使い続け...
正しい羽毛布団の収納方法について
冬の寒い時期に大活躍してくれる羽毛布団。 でも、その羽毛布団の正しい収納方法をご存知ですか? こちらでは、羽毛布団の収納方法についてご説明致します。 羽毛布団を収納する際に注意したいこと。 カバーは外してしっかり洗濯を...
これを読めばお布団をクリーニングに出したくなる。
みなさんは、お布団をクリーニングに出されたことはありますか? 一般の家庭でお布団を買い替えるまでの期間は約7年だそうですが、そのうち約8割の布団は、1度もクリーニングされることがないそうです。 ふとんは、毎日の睡眠にかかせないも...
羽毛布団のリフォーム(打ち直し)について|おすすめのリフォームのお店の選び方
羽毛布団は、リフォーム(打ち直し)ができることはご存知でしたでしょうか? ご存知だった方でも、下記のように分からないことがたくさんです。 羽毛布団のリフォームでよくある質問 リフォームはいつ頃がおすすめ? どこで...
羽毛布団に穴が開いてしまった時の対処法
羽毛布団を毎日使用していれば、タバコや引っ掻きキズにより、思いがけず布団に穴を開けてしまうことって時には出てくるものです。 そんな時、あまり大きくない穴であれば自分で処置することができるんです。 今回は、羽毛布団に穴が開いた時の...
格安で羽毛布団を処分する方法
使わなくなった羽毛布団。 どうやって捨てたらいいか悩んでしまいますよね。 羽毛布団は、リフォームをして再利用することもできますので、そちらを検討の方は、羽毛布団のリフォーム(打ち直し)についてを一度ご覧になってみて下さい。 ...
タイトルとURLをコピーしました