おすすめの”冬用”羽毛布団・京都西川 (ローズ羽毛)ロシア産ホワイトマザーグース(セミダブル)87,389円

スポンサーリンク

羽毛布団のタイプ

こちらの商品は、”冬用”羽毛布団です。

スポンサーリンク

商品概要

※星は当サイトにて全てのスペックを元に独自に採点したものです。


※価格の変動にご注意ください。
冬用 セミダブル 京都西川 ホワイトマザーグース
ロシア産 ローズ羽毛ふとん

京都西川 ホワイトマザーグース羽毛布団

総合評価:4.0

  • 87,389円(税別)・送料無料
  • ロシア産
  • サイズ:セミダブル(170×210cm)
  • 中綿量:1.5kg
  • ふとん de ハッピー
  • 商品番号:uk8064-WM93SDL-8

楽天市場

商品クラス

こちらの商品は、プレミアム・クラスです。

※タグをクリックするとそれぞれの一覧がご覧になれます。

クラス分け詳細
ハイプレミアム:プレミアムクラスの上をゆく、各布団メーカーを代表するブランド商品。
シングル セミダブル ダブル クイーン キング

プレミアム:とにかく寒がりで、真冬にも安心して使える商品をお探しの方に。
シングル セミダブル ダブル クイーン キング

アッパーミドル:価格・品質共にバランスの取れたおすすめタイプ。
シングル セミダブル ダブル クイーン キング

スタンダード:最低限の品質にはこだわりたいが、価格は安い方が助かるという方に。
シングル セミダブル ダブル クイーン キング

※当サイト独自によるクラス分けとなります。

商品詳細

羽毛の産地ロシア産
ダウンパワー430dp
水鳥ホワイトマザーグース
ダウン率93%
側生地綿100%(80番糸超長綿)
キルトツインキルト-上層3×4マス:下層4×5マス

羽毛布団を選ぶ際に確認する10のこと。

失敗しないための"冬用"羽毛布団の選び方とおすすめの羽毛布団について
羽毛布団を購入する場合、一般消費者として、私たちがお店側から得ることができる情報と言うのは、とても限られています。しかし、限られた情報でもしっかりとした知識をもっていれば、正しい羽毛布団選びは可能です。 こちらでは、おすすめの冬用の羽...

ここがポイント!!

  1. 信頼のある京都西川の日本製&ローズ羽毛ふとん
  2. ロシア産ホワイトマザーグースダウン
  3. ダウンパワー430dpで安心の保温力
  4. 贅沢にダウン率93%を使用
  5. 丈夫でしなやか上質80番糸超長綿の側生地

下記にて詳しくご紹介していきます。

1.信頼のある京都西川の日本製

西川 ログ
京都西川は、西川産業、西川リビングと並ぶ、西川グループを代表する日本屈指の羽毛布団メーカーです。

もともと日本に羽毛布団の品質は世界でも一番とされていますが、西川グループはさらに厳しい独自の基準を設けて品質向上に努めており当サイトでもっともおすすめする布団メーカーの1つです。

西川グループについて

丸わかり!ふとん王国西川グループ400年の歴史
羽毛布団選びや寝具選びでおすすめとしてよく聞く、『西川』、『西川ブランド』、『西川グループ』という名前。 でも、西川と言う名前をもつ会社を調べてみると西川産業、西川リビング、京都西川など、とてもたくさん出てきます。 よくよく...
人気のローズ羽毛ふとん

ローズ羽毛ふとん
本商品は、京都西川の中でも特に人気のあるローズ羽毛ふとんです。

ローズ羽毛ふとんは、京都西川の自社工場であるローズ工場で生産された羽毛ふとんの中でも、特に品質の高い商品にのみ付けられる名前です。

今や京都西川と言えばローズ羽毛ふとんと言われるほど信頼ある羽毛ふとんブランドの1つなっており、当サイトでも最もおすすめする羽毛ふとんの1つとしております。

ローズ羽毛布団について

西川のローズ羽毛布団がおすすめなワケとは?
ローズ羽毛ふとんは、京都西川の自社工場であるローズ工場で生産された羽毛ふとんの中でも、高級羽毛布団にのみ付けられる名前です。 こちらでは、当サイトが自身をもっておすすめする京都西川のローズ羽毛ふとんについてご紹介を致します。 ...

ロシア産ホワイトマザーグースダウン

ハンガリーやポーランドが羽毛の産地として注目されがちですが、ロシアもおすすめの羽毛の産地の1つとして有名です。

ポーランド北東部とほぼ同緯度にあるロシアの冬は、もちろん雪が多く厳しい寒さとなりますが、その寒さのおかげで、水鳥がしっかりと大きなダウンを育てるのです。

一方で、夏は爽やかで温暖なため気候は、水鳥の飼育にとって最適な自然環境となっているのです。

2020' おすすめの羽毛布団(ダウン)の産地について
羽毛布団の中綿となる羽毛(ダウン)の品質は、産地によって決まるなどというお話をお聞きされたことがあるかと思います。でも、羽毛の産地がどこで、その優劣なんて国の名前を聞いただけでは分かりませんよね。 こちらでは、その羽毛の産地とおすすめ...

ダウンパワー430dpで安心の保温力

ダウンパワーは、数値が高いほど品質が高いとされ、同時に保温力を持ちます。

日本では、ダウンパワー300以上であれば販売を許可されており、高いものでは460dpなどがあります。

冬用の羽毛布団としては、300〜390dpほどのダウンパワーでは保温力に不安があります。

そのため、当サイトの推奨はを400dp以上とさせて頂いております。

今回の商品は、ダウンパワー430dpとなっており、しっかりとその保温力を感じることができると思います。

羽毛布団の品質を判断するおすすめのダウンパワーはなに?かさ高やゴールドラベルとの関係もご紹介
こちらでは、羽毛布団を購入する際によく目にする言葉、ダウンパワーについてのご説明と、同様の意味で使われており違いが分かりづらかった、かさ高やゴールドラベルとの関係性についても合わせてご紹介致します。 今年の冬は...

贅沢にダウン率93%を使用

羽毛布団の中綿は、ダウンとスモールフェザーでできています。

ダウン率というのは、そのダウンとスモールフェザーの割合のことでダウン率が高ければ高いほど保温力は増してきます。

参考 羽毛布団はダウンを50%以上使った布団のことで、スモールフェザーを50%以上使ったものを羽根布団と呼びます。

ダウン率90%に満たない羽毛布団は保温力に欠けると恐れがありますので、当サイトではダウン率90%以上を推奨としておりますが、ダウン率93%の本商品は高品質な羽毛布団と言えるでしょう。

丈夫でしなやか上質80番糸超長綿の側生地

こちらの商品の側生地は、80番糸超長綿(綿100%)となっています。
よく羽毛布団で寝ていて「ゴワゴワ」するであったり、「シャカシャカ」と音が気になると仰る方がいますが、この原因は側生地にあります。

ゴワゴワやシャカシャカが発生する側生地は多くの場合、100%ポリエステルです。
ポリエステルは軽量で速乾性に優れていますが、綿などの天然繊維に比べると肌触りがあまり良くありません。

羽毛布団に使われる側生地の種類とランクは以下のとおりです。

  1. 超長綿
  2. 綿
  3. 合成繊維/合繊(ポリエステルなど)
超長綿とは
超長綿とは、繊維の長さが平均35mm以上の綿のことをいい、特徴としては下記のことが挙げられます。

  • やわらかなドレープ性
  • ソフトでしなやかな感触
  • 通常の綿よりも吸湿性・通気性に優れる
  • 輝くような光沢で艶やか

綿100%の生地の中でもしなやかで柔らかい超長綿は、軽くて柔らかい肌触りで、通気性にも優れているので羽毛が膨らみやすく、快適な寝心地を得ることができます。

当サイトでも一番に推奨している側生地です。

番手とは
番手とは糸の太さの単位のことで20番手、30番手、60番手、80番手というように、数字が大きくなるにつれて細い糸となっていき、細い糸ほどしなやかな生地となります。

羽毛布団の側生地の選び方について

こんなに簡単だった!羽毛布団の側生地の選び方
羽毛布団を選ぶ際にとっても重要な要素の1つである側生地。 どんなに中綿の羽毛が高品質だとしても、それを包みこむ側生地が悪いと羽毛布団は台無しになってしまいます。 低品質な側生地を購入者から挙げられる不満として一番多いのが...

商品を一度ご覧になられてみてください。

※星は当サイトにて全てのスペックを元に独自に採点したものです。


※価格の変動にご注意ください。
冬用 セミダブル 京都西川 ホワイトマザーグース
ロシア産 ローズ羽毛ふとん

京都西川 ホワイトマザーグース羽毛布団

総合評価:4.0

  • 87,389円(税別)・送料無料
  • ロシア産
  • サイズ:セミダブル(170×210cm)
  • 中綿量:1.5kg
  • ふとん de ハッピー
  • 商品番号:uk8064-WM93SDL-8

楽天市場

キーワードから羽毛布団を探す

シングル セミダブル ダブル クイーン キング

西川すべて 西川産業(東京西川) 京都西川 西川リビング 山甚物産 ロマンス小杉

3万〜5万円 5万〜10万円 10万〜20万円以上

ホワイトコウダ ローズ羽毛布団

タイトルとURLをコピーしました