羽毛布団に抗菌・防臭防・防ダニ加工ってできるの?

羽毛布団を購入する際に、気になるのが、臭い・ダニ・雑菌の増殖。
最近の化学技術の発達で、さまざまなところで見かけることが多くなった『抗菌・防臭防・防ダニ加工』いう言葉。

今回は、羽毛布団抗菌・防臭防・防ダニ加工が行えるかを解説致します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

抗菌・防臭防・防ダニ加工はあまり信用できません。

よく広告で『抗菌・防臭防・防ダニ加工』がまるで施されているような書き方がなされている羽毛布団を見かけたことがあるかも知れませんが、それは、ほとんどの場合羽毛自体への加工ではなく、羽毛を包む側生地への加工の場合がほとんどです。

もし羽毛自体に加工を行っていると記載されているような広告を見た場合、しっかりと内容をご確認してみてください。

その方法や効果なと具体的な内容は全く書かれていないはずです。
実際、それは側生地になった場合でも同じ話で、『◯◯加工を施すことにより、細菌の増殖を抑制し、臭いの発生を抑えます。』などと書かれていても実際どのくらいの効果があるかは疑わしいところがあります。

様々な加工やその効果については、各メーカー独自の基準の中で決められていることがほとんどであまり信用のおけるものではありません。

羽毛において一番大事なのは、羽毛採取後の洗浄・殺菌・乾燥です。

これがしっかりと行われていない場合、購入後どのような手を使っても臭いを取ることは出来ないとお考え頂いた方がいいかと思います。

洗浄の回数や精度はコストに比例します。
安すぎる羽毛布団は特に注意が必要です。

見え透いた嘘に騙されることなく、しっかりと吟味した上でご購入を検討してみて下さい。